なにしてる時が楽しい?どんな食べ物が好き?

私の好きなものとセンスと気分に触れる素敵なものをチョイス。

時をかける少女野外上映会@東京国立博物館 にいってきたよ 2014-10-11

待ちに待った!!時をかける少女野外上映会@東京国立博物館(10/10-11)に行ってきました!

じゃじゃん。これ、これ。


細田守時をかける少女』無料野外上映、会場は「魔女おばさん」が働く東京国立博物館 - movieニュース : CINRA.NET

アニメ映画「時をかける少女」の魔女おばさん(主人公のおばさん)が勤めている博物館のモデルの地である東京国立博物館(上野)で時かけが見れるなんて!!

なんと夢のある素敵なイベントでしょうか。

時かけの映画上映を見そこね、泣く泣く家の液晶テレビでしか見たことなかった時かけを何百倍も大きなスクリーンで見れる感動を逃すものかと思い、うちのハムスター(あまぐり♀)にお留守番をお願いして、前々から楽しみに小躍りしながら行ってきました。(以下感想です。)

f:id:moimoie:20141012212907j:plain

 

「いってらっしゃい〜」(わざわざ起きてきてくれました)

 

19時開演だったので、三十分前に着けばいいやと思っていたので六時半に上野駅につき、博物館までのんびり歩いていったら、、、博物館前に大行列(チケット購入のための)!!時かけってこんなに人気があったんだ…と思い知らさられました。

チケットは買ってなかったので、並ぶことになったんですが買うのに60分待ち。ディズニーランド並。しかも、カップルだらけ。私、友達と予定が合わず一人参加。ちっと気まずい。

でも、千昭の「みらいで待ってる」聞きたいしなあ、と頑張って並びました。それにしても、カップル多かった…クリスマスのみなとみらい並。

30分並んだ位で上映が始まったのですが、音がすごーく大きかったので耳でまず時かけを楽しみ、もう30分並んでようやく中へ、、、

f:id:moimoie:20141012220354j:plain

凄い人混み(多分1000人以上いたと思う)だったけど、秋の澄んだ空気の中響く音楽、こんな素敵な場所で時かけを見れる、こんな素晴らしいことは無かったです。

スクリーンはちょっと小さかったけれど、気にならないぐらい本当に良かった。これだけ沢山の人がいるのに全員集中して静かに映画を見ていて、息を呑む瞬間、はっとなる瞬間、すべて一体となって共有していることを肌で感じとても感動しました。

映画のセリフと共に聞こえてくる、虫の音、風の音、少し肌寒い夜風と月明かりとすべてが映画の一部となっていて、ああ、野外上映っていいなあと何故かノスタルジーを感じて泣きそうになったり。

 まことも、千昭も、こうすけも今そこに私達と一緒にいるんだなあ、と。

 

こんな感じでエンディングになり、混む前に博物館を後にしました。冷たい風に乗って流れてくるガーネットは余韻に浸らせてくれて、これもまた良かったです。

帰りはなぜか新大久保に寄って、地元の駅でラーメン食べて帰ってきました。 おわり。

 

こんな素敵なイベントを企画して下さったことに感謝。

ここまで呼んでくださった読者の方に感謝。

来年もあったら又来たいなあ〜